探偵

不倫・浮気証拠調査・相談 探偵おすすめ

 

 

 

 

結婚相手や婚約者の不倫に気づいた女性が調査依頼のために探偵の元を訪れるとかいう設定は、レディコミやドラマでもしばしば見かけたりします。話に出てくる探偵というのは単純で、自分でもできるような気がしてしまいますが、調査対象が用心している場合などでも秘密裏に追跡したり写真を撮影することは、初心者には到底無理です。

 

 

先方にバレては余計なトラブルに発展しかねませんし、最初から探偵に任せたほうが、依頼者にとっても安全です。

 

浮気というのは字のごとく軽い気持ちでしてしまうものかもしれませんが、妻にとっては不倫は人生観さえ変えかねない大問題です。
そんな身勝手な行動を野放しにすることはできません。相手の浮気を裏付ける方法というと定番なところではケータイチェックでしょう。肌身離さず持っているようなら、メールやラインなどを使って浮気相手とコンタクトをとっているのではないでしょうか。

 

最近の探偵業者は、相談の段階までは代金をもらわない(タダ)というケースが結構あります。
贔屓の探偵社がある人なんていませんから、これは積極的に受けておいて損はないでしょう。誠実そうな業者かどうか判断する上で重要な情報が得られるからです。
親戚でも友達でもない第三者に相談することで、頭の中でもやもやしていた問題を整理できるのは、大きな進捗ではないでしょうか。

 

義両親が子どもの面倒を見てくれるので、それならとバイトを始めたのですが、週一で店に来るエリアマネージャーさんに告白されて、浮気してしまいました。
子供ができてから今までの間、のんびりと主婦してただけなので、軽率なところもあったんでしょう。外出、電話、メールが増えて、すぐ主人にバレて、先方の奥さんや勤務先の知人などから裏付けをとられ、むこうからは慰謝料を請求され、私自身も離婚する羽目になってしまったのでした。

 

興信所や探偵社で行う浮気調査は、成功報酬プランを設定しているところもあります。
それって浮気の証拠を押さえない限りは無料ってことですよね。なんだかとても「得」に見えますよね。ただ、調査対象が浮気しているかどうか微妙な場合や、普通より調査に時間がかかりそうな場合はお断りというパターンもあるようです。
それに、浮気の裏付けがとれたときに思ってもみなかった額を請求されるケースもあるので、利用者の方で気をつけておかなければいけません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所

 

 

 

 

 

◎43年の調査実績・解決実績100,000件以上 探偵業界最大手の原一探偵事務所◎

 

 

 

「浮気調査」 「人探し」 「ストーカー対策」 「いじめ調査」 などを扱う総合探偵社

 

 

 

探偵業界で日本最大級の調査員数!社員数100名以上
(10年以上のベテラン調査員が多数在籍)

 

 

 

東京都弁護士協同組合の特約店
(※法廷では法律に違反した証拠は証拠としてみなされません)

 

 

 

全国主要都市に18拠点の全国ネットワーク

 

 

本社・川越

 

 

札幌・仙台・水戸・高崎・千葉・大宮(埼玉)・日本橋・新宿 (東京)・横浜・静岡・名古屋・大阪・神戸・岡山・松山・広島・福岡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.haraichi.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街角相談所 -探偵-

 

 

 

 

 

 

初めての探偵探しに不安な方も匿名で費用見積もり

 

 

 

 

 

最初から探偵社・興信所への問い合わせに不安のある方へおすすめ

 

 

 

 

 

全国100社の興信所よりお悩みに合わせた探偵を紹介

 

 

 

 

 

他社のお見積もりより安い探偵を見つけるお手伝いも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

浮気診断シミュレーター・匿名相談 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

http://hello-tantei.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社

 

 

 

 

 

 

ネットでできる・完全無料の浮気解決シュミレーターが好評のHAL探偵社

 

 

 

 

全国無料出張・即日対応も可能

 

 

 

 

 

 

業界初の完全成功報酬・後払い支払 (初期費用0円)

 

 

 

 

 

 

相談料0円・匿名OK

 

 

 

 

 

 

調査完了後最短3日で証拠資料のお渡しも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

https://hal-tanteisya.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS

 

 

 

 

 

 

浮気調査・人探し・いじめ調査などを扱う総合探偵社TS

 

 

 

 

TSの強みは・・・・・・

 

 

 

 

 

◎24時間365日 無料相談・見積受付

 

 

 

 

 

◎北海道〜沖縄まで全国対応

 

 

 

 

 

◎安心の料金設定(分割払い、カード払い可)
独自の調査料金体系を導入。調査は1時間単位から依頼することが可能

 

 

 

 

 

 

◎法律専門家の起用・警察OBも在籍

 

 

 

 

 

 

夫婦カウンセラーの資格を持つ調査員が、離婚あるいは復縁までご依頼者様のお考えをお聞きし
適切なアドバイス

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所

 

 

 

 

 

 

◎全国対応可能

 

 

独自のネットワークにより、北海道から沖縄まで全国で調査可能

 

遠方にお住まいの方も対応可

 

 

 

 

◎相談だけでOK

 

 

 

 

◎現場で経験を積んだ調査員

 

対応する調査員は当社の探偵学校で基礎を学び実践経験のあるスタッフ在住

 

探偵に必要な撮影技術や尾行術といったスキル・法律の知識にも精通

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所  詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普通の生活では興信所や探偵を使う機会はないものです。そんなわけで、パートナーの浮気調査をしてほしいと思っても、どこが良いやらピンとこないのが当然です。
探偵業務を行うには、所轄の公安に届け出を出し、認可を受ける必要があります。

 

 

認可後は業者(営業所)ごとに番号が交付されるため、正規に開業している業者か、違法な業者かは、届出番号で判断することができます。ですから広告や看板、ホームページ等に届出番号の掲載があるかどうかをチェックしましょう。
不倫の疑惑があるからといって調査まですることはないと思われるかもしれません。

 

とはいえ不倫は些細なことから始まるので、女っ気のない職場環境だろうと安心してはいられません。普段会わない女性のほうが新鮮味を感じますし、浮気に発展しやすいのです。不審な点があれば、不倫の調査に詳しい探偵業者に依頼すれば、正体のわからない不安に苛まれることもなく、精神的にも負担が少ないと思います。
配偶者の不倫を疑って探偵に調べてもらうときは、調査対象の行動範囲や時間的パターンなど詳しい情報を伝えるほうが料金請求時に安く済むでしょう。何もかも調査員にやらせようとすると、浮気の確証を得るまでに余計にムダな時間を要するのです。
側にいるからこそ気付くことは多々あるでしょうし、とりあえず記録や観察に努めるのはいかがでしょうか。

 

32歳の主婦です。

 

6つ年長の夫と子供たち(8歳、6歳)と、実家の二世帯住宅に暮らしています。先月半ばに彼の職場不倫がわかり、両方の家族同士で話し合った末、離婚することになりました。
幼い子どもたちは、これからシングルマザーの私が養っていかなければなりません。
夫に言いたいことは山ほどありましたが、相談の場を大事にしたかったので、間に弁護士を挟んで、夫には養育費と慰謝料を合わせたものを、交際相手には慰謝料の支払いを求め、安全のために公正証書を作成しました。
以前も夫は浮気していたのですが、再びそんな素振りがあったので、インターネットで調べてみたんですけど、けっこう業者さんって多いんですね。安いところでいいやと思ったのですが、2社のうち、もっとも相談員さんの対応が良かった探偵さんに調査を頼んで、結果を待ちました。

 

 

いくら浮気を疑っていても、証拠写真は私が見て充分判別がつくほどでしたし、あれにはがっくりきました。明らかな浮気の裏付けがとれない限り、慰謝料の請求や離婚訴訟などでは苦しいかもしれません。
パートナーの不倫行為が立証できなければ、裁判で不倫そのものが否定されるケースも充分にありえるからです。そんなときこそ決定的な証拠を見せてやる必要があります。

 

 

 

証拠がなければ慰謝料も出ませんし、勘違いで離婚なんていうのを回避するには、しっかり調査することをおすすめします。

 

もしパートナーの浮気調査で探偵を利用するのであれば、それなりの代金がかかることを覚悟しなくてはなりません。探偵業務にかかる費用は、具体的には不倫の行動調査の場合、20万円(4万円で5日間)程度はかかると思って間違いないでしょう。時間と日数、依頼内容によって請求額は変動しますので、たいていの調査であれば、数十万程度と見積もっておけば充分だと思います。

 

 

アラサーの会社員です。
同い年の妻はパートで病院の受付をしています。
先週末に突然、むこうの不倫が判明しました。

 

 

妻はしれっとしたもんで、以降、口をきいてくれません。

 

 

頭がパニックです。

 

妻の浮気にもその後の態度にも、心を痛めています。謝罪がなければ、私にも考えがあります。

 

ホームズやポアロは別として、探偵といえば、大抵の人が尾行を連想するのではないでしょうか。

 

対象にそれと悟られないよう移動を共にし、状況を報告したり、裏付けをとったりする作業です。調査が発覚したというケースは極めて稀ですが、探偵は調査対象者の行動をある程度、予測しておく必要があります。

 

相手の不定型の行動に迅速に対処するのが「ごく普通の探偵」の業務です。

 

 

 

探偵業者に依頼すべきかどうか迷ったら、そのままでいるより、電話したほうが絶対スッキリするはずです。

 

 

事務所所在地や代表電話といった情報は、ネットのほかにも電車の車内広告やチラシなどでも見ることができます。相談しながら調査内容を設定していき、どのような作業で料金がだいたいどのくらいになるか見積書が作成されます。

 

 

 

初回見積り無料の業者さんも多いですから、納得いくまで検討するといいでしょう。
近頃ではスマホが元で浮気が明るみに出たという事例が多くみられます。

 

 

 

過去にはPCメールが証拠となりましたが、いまはスマホのフリーメールを含むメールやLINE履歴に配偶者の不倫の証拠が隠されていると考えるのが妥当でしょう。
いつも手元においていたり、ロックして見せてくれない時は、不倫の証拠はスマホの中にあるといっても良いのではないでしょうか。不倫と浮気は同じように会話の中では使われますが、実は違いがあります。

 

 

いわゆる不倫というのは、男女双方か片方に配偶者がいることが絶対条件で、婚姻関係にあるのに他者と性的関係を持つことをいいます。

 

 

 

配偶者の不倫に気づいたら、配偶者と浮気相手の双方に慰謝料の支払いを申し立てることができます。

 

相手が油断している間がチャンスです。

 

探偵業者に依頼して、浮気の確かな証拠を入手し、多額の賠償を請求することによって現実を見せ、きっぱりと別れさせるといった使い方もあります。本気じゃないとか遊びだとか言い繕ったところで、パートナーにしてみれば、浮気は人生を揺るがす一大事でしょう。

 

そんな不埒な行いを黙認することはありません。
不倫行為の裏付けをとる手段はやはり一番にあげられるのはスマホ(携帯電話)でしょう。
メール、フリーメール、LINEその他のSNSなどで不倫相手と連絡をとっている可能性があります。ダブル不倫の場合、交際解消の一因となるのは、配偶者から「子供がほしい」と言われたからというのが実に多いのです。

 

自分とのことを考えてくれている人に対し、心苦しく感じたり、先のない不倫という関係に嫌悪感を感じたり、うっとうしく思ったりもするようです。それに、職場が変わったり自宅が転居したときも今までと勝手が違うため、やましい気持ちもあってか、別れを切り出すきっかけになるのです。探偵社で働くには特別な資格は必要としません。
その代わり、実際に浮気調査をしっかりとやり遂げるためには、しっかりとしたスキルが必要です。

 

まともな会社は職員の教育には本当に熱心です。しかし一部の業者では教育が不充分なアルバイトスタッフが調査の実務に携わる場合もあるそうですし、安すぎるところは疑ってかかったほうが良いかもしれません。
支払った額にふさわしいスキルを持つ調査員に調べてもらい、的確な資料を集めてもらうことが結果に繋がり、ストレスも最小で済むのです。悪質な探偵業者であることを見抜けずに利用すると、金銭的にも時間的にも大きな犠牲を強いられることがあります。

 

 

 

相談に行っただけなのに事務所に足止めし、精神的に負担になることを言って契約をとろうという会社は要注意です。一度断ったのに、しつこい電話勧誘がくるのも、たちの悪い業者によく見られる傾向です。
普通の営業をしている探偵業者なら、まず行わないようなことでも平気でしてくるのです。探偵を雇って行う素行(不倫)調査には、成功報酬タイプもあることを覚えておくと良いでしょう。それなら証拠がなければ支払いが発生しなくて一見するとオトクに感じますが、不倫そのものがないのではと思われるときや、調査時間数が通常より多くなりそうな気配だと、断るときもあるそうです。

 

 

 

また、調査員が浮気の裏付けをしっかりとってきた際、「うわっ」と思うような請求書をつきつけられることもあるので注意してください。探偵は調査が終わると調査報告書を作成しますが、公的な書類のように書式や記載事項が決められているものではありません。しかし、調停離婚や訴訟の場での使用が前提なら、証拠として採用されるには、信頼できて高品質な調査報告書でないと意味がなくなってしまいます。そこまで考えていない人でも、これからどうするかを想像して、業者を選定すると良いでしょう。
もし浮気に気づいても、むこうの警戒心が高ければ、自力で不倫の証拠を押さえることは、至難の業です。
ただ、証拠というのは重要です。もしあれば、離婚してもしなくても、有利な展開に持ち込むことができます。
これは浮気しているなと気づいたら、興信所や探偵に調査を依頼しましょう。調査費用はかかりますが、浮気相手と出かけているときの写真等、しっかりとした証拠を揃えることができます。同じ勤務先内での不倫は、やはり多いものです。

 

 

しかも、事実が判明したところで、会社は私生活面には口を出せないため、セクハラやパワハラの結果でもない限り、解雇することはできないのが現実です。ただし、採用時の契約書や就業規則の記載にある、職場の風紀秩序を壊乱したか、そのおそれがあるというものに相当すれば懲戒もありえますが、現実的には口頭注意ぐらいで、厳しいお咎めはなしで済んでしまうことのほうが多いでしょう。調査業務で探偵を雇うときは、さしあたっては電話をかけましょう。それがファーストステップです。

 

電話口での相談で相手の応対を見て、細かく相談したいと思ったら、事務所まで出向くことになります。相談と打ち合わせ、調査内容や料金体系の説明が終わり、依頼することを決めたら契約を締結し、そこでようやく、調査が始まります。業界で名の知れた会社が最高だとかは言えませんけれども、探偵業者の場合は大手のほうが間違いが少ないです。中小にも良い会社はあるはずですが、中には充分な調査をせずに見積りと全然違う料金を請求してきたり、費用の説明が不十分なところもあるからです。
それとは別に、相談した際の職員の対応なども重要です。

 

不倫する人というのは明るそうに見えても、ウツの症状を持っている場合が多いです。考えられることは、メンタル面での負担が大きいことでしょう。

 

既婚者同士の不倫や、どちらかが結婚している場合、精神的な疲労や不信感、無力感などを抱きやすくなるのは当然で、その結果、症状として出てくるのです。
浮気している方がそれだと、当然、残されたパートナーだってウツになりやすいと言えるでしょう。浮気で生まれたいわゆる婚外子でも、認知を求めることはできます。

 

戸籍上の親の欄に名前が記載され、親として子供を育てたり養育費を払わなければなりません。

 

 

 

親子関係では非常に重要な手続きとなります。

 

 

不倫の場合、諸事情により認知を渋ることもありますが、そのときは訴訟を起こされることもあり、浮気の事実があれば否認は困難です。

 

 

そんなことになる前に浮気をやめてもらわなければ今後の人生設計にかなりの不利益も覚悟しなければなりません。

 

 

どのへんまでを浮気というのかは、人それぞれというほかないでしょう。たとえば、自分以外の異性を誉めたり、腕や体などを密着させる行為があるだけでも浮気と感じる人もいます。
実際、浮気については現代の法律でも定義があって、性的行為があれば不貞行為になるものの、順風満帆な結婚生活を続けたければ、浮気を連想させる行為やメール、SNS上のやりとりは慎むにこしたことはありません。
初めて探偵社に相談するときは、抵抗感があるという人は少なくありません。
相談時に本名を告げるのが怖いというのであれば、実名を伏せた相談に対応しているところも多いですから、まずそのサービスを利用して話を聞いてもらい、信頼できそうなところだと感じたら、本名で詳細を相談するというふうにもできます。ハイテクが日常生活に浸透している現代では、不倫の可能性がある人の現在位置をGPSを使って発見することが容易になりました。

 

GPS機能つきのスマホを持ってもらうことで、かなりの精度で今いる位置を知ることができます。

 

 

別に違法というわけではないですし、相手の不倫を自力で見つけたいときは便利です。

 

 

ただ、位置情報だけでは証拠にはならないのでご注意ください。

 

どういうわけか男性は浮気するものと捉えられがちです。
でも、浮気は男ばかりじゃないはずです。

 

女性だって子供の送り迎えやスポーツジム、パート先など、人と会う機会は多く、既婚の方がそれ以上発展しないから安心という超越した意見もある位で、既婚女性の浮気なんて珍しくもないのでしょう。

 

ドラマ等にも後押しされて女性の浮気も増えてきていて、探偵事務所に相談に訪れる男性も多くなっているようです。探偵の看板を掲げるにはとくに決まった資格や免許等は要りません。

 

そのかわり、探偵業の適正化のために作られたいわゆる「探偵業法」によって、最低でも業務を始める前の日までに、事業地の所管の警察署経由で公安委員会に届け出と誓約書を提出し、探偵業届出証明書の交付という許認可を出してもらうことだけは省略できません。野放しというわけではないのです。
探偵も企業である以上、依頼する際には費用が発生します。スタッフが行う調査の内容により、見積り額も変わってくるでしょう。
素行調査ひとつとっても、長期戦になるかと思えば1日で済んだりと、わからない部分もあります。
日時をどのように区切って依頼するかによって料金に差は出てくるので、調査が長期や長時間になればお金がかかると思ったほうが良いでしょう。